酸を使ったピーリングや酵素を使ったスキンケアの注意点

 

毛穴に詰まった角栓を押し出そうと思っても、上手くいかない事があります。
そんな時無理やり押し出そうとすると、肌を痛めたり逆に赤ニキビが出来てしまうことも。

そんな毛穴に詰まった角栓には、一体どんな対策が有効なのでしょう。
思い浮かぶのが酸を使ったピーリングや酵素を使ったスキンケアです。
これらはどちらも肌のくすみ改善やざらつきに効果的と言われている成分です。

しかし、これらの成分が含まれたスキンケア商品を使用しても角栓に効果を実感出来なかったという人はいませんか?
その場合は、商品の選び方を間違えている可能性があります。

角栓に効果的なピーリングや酵素アイテムは成分をチェックして選ぶ必要があるのです。

ピーリングも酵素も角栓に効果のあるものとそうでないものがあるのです。
その理由は、角栓の正体にあります。
角栓は、古い角質だけではなく皮脂と混ざり合って出来た物質です。

ですから、古い角質に作用する成分だけではなく、皮脂をも分解する成分が配合されている製品でなくては目に見えた効果を感じにくいのです。

ですから、例えば酸でケアをするピーリング製品を選ぶ際は角質だけではなく皮脂に作用するBHAが配合されているものがお勧めです。

また、酵素製品を選ぶ場合も古い角質を取り除くパパイン酵素やプロテアーゼといった酵素だけではなく皮脂にも効果を発揮するリパーゼが含まれている方が角栓除去に有効です。

ポイントは、角栓には角質ケアだけでは不十分という事なんですね。
角栓の予防として、角質ケアをするのはとても意味がある事ですが、既に毛穴に居座っている角栓の場合はそれだけでは中々解消しにくいものなのです。
角質と皮脂の両方に効果を発揮してくれる酸や酵素を選ぶ事でイヤな毛穴の角栓を撃退する事が出来ますよ。

ただし、ピーリングや酵素製品の中には刺激が強めのものも少なくありません。
毎日使うものではなく、1週間に数回までと推奨されているケースもあります。
自分の肌の状態を観察しながら、上手にケアに取り入れていきたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket