乾燥しているのにニキビができるのは皮脂詰まりが原因

 

乾燥しているのにニキビができるのは、毛穴が小さいせいで肌に必要な皮脂が分泌されても毛穴から外へ排出することができず、毛穴に皮脂が詰まってしまうためです。

もし皮脂量が多い場合でも毛穴が大きくて排出がスムーズならば詰まることはないでしょう。
とくに乾燥しやすい頬やあご、またはフェイスラインは毛穴のサイズが小さくて皮脂が詰まりやすい部分です。
毛穴に皮脂が詰まると菌が繁殖し、炎症をおこして乾燥肌の人でもニキビができてしまいます。

乾燥肌ニキビは洗いすぎが原因

ニキビがあると、乾燥肌の人でも脂分のせいだと思ってしまい、つい何度も洗顔して脂分を落とそうとします。
ゴシゴシと強く洗ってしまったり、脱脂力がある洗顔料を使ってしまったりすると肌の表面のバリア機能が流れてしまいます。
肌のバリア機能とは、肌の表面には角質という細胞があり、その周りを毛穴から排出された脂分で覆われ細菌から守るために壁のようなバリアを作っていることです。

また適度に角質が形成されないと毛穴詰まりの原因になったり、保水力が下がりますます乾燥してしまいます。

毛穴を詰まらせないための対策とは

そこでニキビのある人は肌を守るために、ゴシゴシこすって洗うのではなく、泡立てた洗顔料を使って肌をやさしくなでて、サッとぬるま湯で泡を落とします。
乾燥が気になる人は脱脂力の強い洗顔料は避けましょう。
洗ったあとは化粧水やローションでしっかり保湿しやわらかい肌を保ちましょう。

またニキビは触ると炎症がひどくなります。

つぶしてしまったら熱めのお湯でつぶした跡を洗います。
熱めのお湯は血行を促進しますのでニキビの跡が残るのを防いでくれます。
そのあと消毒液で軽く消毒しておきましょう。

その他、食事にも気をつけましょう。

一般的にもビタミンCは肌に良いといわれています。
ビタミンCはコラーゲンの生成促進、分解を抑制して肌の代謝を上昇してくれます。
ただビタミンCを柑橘類で摂りすぎようとすると色素のカロテンが脂肪について沈着、肌が黄色くなることがありますので食べ過ぎには注意して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket